マウスピースで行うホワイトニングのデメリットとメリット、やり方

ホワイトニングは歯科で!

私は高校生のころから歯が黄ばんでいて(日本人の歯は黄ばみやすいらしいです)ホワイトニングを謳っている歯磨き粉を色々使ったことはあるのですが、全然効果は感じられませんでした。
あまり気にしないようにしていたのですが27歳くらいの時に撮った写真の歯の黄ばみ具合が酷くショックを受けました。ここで初めてホワイトニングに本格的にチャレンジしてみようと思いました。
いきつけの歯医者さんで相談したところ、「自分の歯に合ったマウスピースを歯医者さんで作り、そこにホワイトニング用の溶剤を塗って、マウスピースをはめて寝る」という方法を提案されました。
マウスピース代は上下合わせて4万円程でした。高いな…とは思いましたが、ネットで調べたらその方法でホワイトニングをしている人が多かったので思い切ってやってみることにしました。お高かったのでクレジットカードで二回払いをしました。
マウスピース作り自体は簡単でした。粘土みたいなものを噛み、私の歯型を作って、1週間くらいで完成でした。その前にレントゲンも撮りましたね。
付ける溶剤は注射器みたいになっていて、4本で8,000円程でした。高いですよね。私はネットリサーチが大好きなのでネットにてもうちょっと安く手に入れてます。あとはヤフオクとかメルカリでチェックしてます。

実際にマウスピースで実施したやり方

ホワイトニングのやり方は簡単です。寝る前に付けて、朝起きたら外し、しっかり歯磨きをします。どれくらいで効果が出るのか、大金をかけたので不安だったのですが、効果はあっという間に出ました。一晩付けた翌日に既に「あれ、心なしか歯が白くなっているような」と感じ、1週間くらいで黄ばみは気にならなくなりました。自然な白い歯を手に入れたのは1ヶ月後くらいでしょうか。本当に嬉しかったです。ずっと悩んでいた黄ばみが1ヶ月後で解決したのですから。

ホワイトニングのデメリット

知覚過敏っぽくなった

ただ、ホワイトニングを毎日続けていると溶剤の影響なのか知覚過敏っぽくなってしまうことがあったので、歯がちゃんと白くなってからは3日に1回とか調整して行っていました。あとはコーヒー大目に飲んだらすぐに歯磨きをする、とかそのような小さなこともしっかり行うようにしました。
アマゾンなどを見ていますと、ホワイトニング用のマウスピースが売っていますが、自分用のマウスピースを作らないとダメだと思います。

医者に作ってもらったマウスピースのデメリット

私は医者に自分ピッタリにマウスピースを作ってもらいましたが、やはりどうしても違和感があって寝つきが悪くなり外してしまうこともありましたし(マウスピースに違和感を感じる人は2時間くらいでも効果がある、と看護師さんは言っていましたが)自分用のマウスピースでも溶剤がちょっとはみ出て歯茎が痛くなっていまいましたので、市販のマウスピースでは健康被害が出るのではないかと思っています。

ホワイトニング成功してからは?

ホワイトニングが成功してからは、人前でも思いっきり歯を出して笑うことも出来るようにもなりましたし、「歯、キレイですね」と褒めてもらうことも増えました。元から歯並びは綺麗な方なのですが、ホワイトニングをする前には歯がキレイと褒められたことはなかったのでやはり歯並びと同じくらいにホワイトニングは重要なのだなと感じました。

29歳の時結婚したのですが、皆さん結婚式前になると「ダイエットする」「エステに行く」ばかりを気にして、歯の綺麗さをあまり考えていないと強く感じます。

私は、全然綺麗な花嫁さんに必要なのは「キレイな歯」だと思っています。実際、私は結婚式の1ヶ月前くらいからホームホワイトニングをいつもより重点的に行いました。

結婚式当日は自分でも満足のいく白い歯になり、歯が写っている写真もキラキラと白い歯で、今でも写真を見直しては「あの時ちゃんと歯医者さんに相談して良かった」としみじみ思います。

多分、黄ばんだ歯のままだったらいくらドレスやメイクが綺麗でも、なんだか残念な結婚式になっていたと思います。

もっとホワイトニングに関心を持とう!

日本人は歯並びに関しても、ホワイトニングに関してもまだ関心が薄いと思います。美容室にそんなに行ってトリートメントしないで、メイクにばかりこだわらないで、まず歯のホワイトニングをするだけで一気に雰囲気は垢抜けます。

最近は手頃な値段でホワイトニングをしてくれるお店もありますし、一回自分のちゃんとした白い歯というのを知った方がいいと思います。芸能人の方が魅力的に見えるのも、やはり歯がキレイなのも影響しているなと思います。

是非ホワイトニングにはお金をかけて欲しいです。